古典落語「厩家事(うまやかじ)」

馬【あらすじ】
 すぐ喧嘩になる八五郎とかみさんのお崎。兄さんのところへ駆け込んで亭主の本心が知りたいというお崎に、兄さんは話して聞かせた。昔、唐土(もろこし)に孔子という偉い学者がいたが、ある時留守中に火事があり、愛馬が焼かれてしまう。家来の者が恐縮して孔子を出迎えると「誰も怪我がなかったか、それはよかった」といって馬のことは聞かなかったという。反対に麹町のさる殿様は大事な皿を落とした奥様に「皿はどうした、皿は、皿は!」。

 帰ってお崎さんが皿を持って転ぶと「怪我をしなかったか」と八公。「お前が怪我をしてみろ、明日から遊んでいて酒が飲めねえ」