古典落語「千早振る(ちはやふる)」

百人一首【あらすじ】
 横町の隠居を金さんが訪ねて来て「千早ぶる神代もきかず竜田川からくれないに水くくるとは」の意味を知りたいという。

 大関の竜田川が吉原の花魁千早に惚れたが振られてしまい、妹女郎の神代もいうことを聞かない。きっぱり相撲をやめて故郷に帰った竜田川は親の商売を継いで豆腐屋になって十年。通りかかった女乞食に卯の花を恵んでやろうとしたら、その女は千早花魁の成れの果て。外へ突き出すと千早は店先の井戸に飛び込んで死んだという。「卯の花をやらなかったから『からくれないに水くくるとは』だな」「水くくるまではいいとして『とは』ってなんです」「千早は源氏名で『とは』が本名だ」