金と着物を巻き上げようと考えた八五郎