色町の花代を線香一本、二本と称えた頃のお噺