泡の立つ楽という触れ込みの椋の皮