武隈文右衛門